未経験で福祉業界に転職する例

 未経験でも積極的な採用を行っている業界は少ないですが、福祉業界では経験不問で求人を出している施設が多くなっています。そのため、業界未経験で福祉業界へ転職する人も増えているのが現状です。

 その例として最も代表的なのが介護職への転職であり、多くの人が転職に成功しています。特に女性の場合は家事のスキルが仕事に生かせると認識してもらえるため、専業主婦からでも仕事を獲得するのに成功している事例は多いです。男性の場合にも、年齢的にまだ体力が十分にあると考えられると優先的に採用されることも多く、現場での力仕事の担い手として活躍しています。同性介護を進めている現場も多く、男性の介護職への転職は成功事例が増えてきています。

 一方、別の例として挙げられるのが事務系への転職です。介護事務を中心として福祉施設の受付や会計処理を行う専門職として働くための資格を取得して転職する人も多くなっています。特に介護事務は介護保険制度についての知識を必要とするため資格が必須になりますが、比較的内容が簡単なので多くの人が通信教育や独学で取得している資格です。その点に着目して資格の取得による待遇の向上を図ったり、仕事の内容として適性があるのは肉体労働や相談業務よりも事務処理と考えた上で、事務系への転職を考える例も増えています。福祉業界では働き方の選択肢が多いため、何をしたいかを明確にすれば未経験でも働きやすい職種を選びやすくなっています。